ブログトップ

明日も僕はそう想う

tkfm510.exblog.jp

TKFMのいろいろな日々の雑記。足跡がてらに適当にコメントでもよろしくお願いします。

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0196733_22274395.jpg

こんなにも映画が早く観たいと感じたのは小学生の時の「ドラえもんのび太と夢幻三剣士」を観た依頼だろうか、というぐらい今回の映画は楽しみだった。

“速さではなく強さ”

この一言は確かに嬉しい。

自分も少しながら走っているけど、速いと言われるのも嬉しいが、強いと言われると前途よりも更に嬉しい。

この映画の主人公でもあるハイジ(小出恵介)は、自分のコーチでもあった人に似ていた。
健康管理面、速さよりもチームワークを大切にすることなんかは特に似ている。
DVDになったらもう一回観ます。

夕食は近所の酒茶房 如意へ。
今の奥さんと初めてちゃんとした食事をしたのもここでした。自分はその時と同じメニューを注文。
回鍋肉がうまかった!台湾料理の店なんですが、なかなかオシャレな店です。

さて、明日も仕事。行きたくないです。
[PR]
by tkfm510 | 2009-11-23 22:27
f0196733_1192917.jpg

f0196733_1192969.jpg

f0196733_1192984.jpg

f0196733_11929100.jpg

先週の金曜日になりますが、奥さんの友人の結婚式の二次会から参加してきました。
自分達の結婚式も去ることながら、幸せが続くのは本当に嬉しいことです。
二次会に参加したのはよいのですが、奥さんとその友人を含めた人以外は全く知らない人ばかり。
乾杯だけは威勢よく声を出し、あとは新郎さんの職場の方に絡んだり絡まれたり。初対面なのに皆さんいい方だし、ノリがもの凄い。
場所はオシャレなカフェだったのですが、とにかく人を薙ぎ倒したり歌いだしたりとなかなか熱い方々ばかり。個人的に大好きなんですが、もちろん女性はひきますよね。
三次会は46階に位置するBARにて。写真もその時の物です。とにかく結婚おめでとう!

その次の日に久しぶりに映画を観ました。
最近観たのは「20世紀少年」の最終章。約3ヶ月ぶり。こう書いてみるとそんなに久々でもないけど。
「風が強く吹いている」と迷い、今回は胎教にもいいかもと思い、「クリスマスキャロル」という、いかにもメルヘンチックな映画を選択。

映画の感想としては怖い。

胎教に悪いんじゃないかというぐらいびびらされました。しかも内容が大人すぎる。

場所は貧富の差が激しい街。飢えた子供、身寄りのない子供が町中に溢れている。
時はクリスマスイヴ。主役はスクルージというおじいさん。金貸業を営んでいて、金だけが全ての民衆の嫌われ者。忠実な事務業のボブに対しての態度も酷いもの。

イヴの夜、そんな彼の前にマーレイの亡霊、3人のクリスマスの亡霊が現れる。その3人がスクルージを過去、現在、未来のタイムトラベルへと連れ出す。

待っていたのは過去にあった希望と孤独、未来の絶望、そして、現在のスクルージに対する軽蔑の声とボブの決して裕福ではない生活。

絶望を取り払えるチャンスが夜明けのクリスマス。

ということで、ディズニーながらにかなりシュールな作品。現実的で驚きました。この映画は是非人を従える企業のトップの方に観てもらいたい。

あとは、仕事や地位は別として、昔抱いていた自分と違和感がある方、これを観ることにより自分を見つめるいいきっかけが出来るかもしれません。
[PR]
by tkfm510 | 2009-11-19 01:19
f0196733_146897.jpg

f0196733_146881.jpg

f0196733_146839.jpg

久しぶりに振り返らない今の日記を書いてみます。

今日は夜勤明け。

さっきまで食器の洗い物したり、洗濯物したりして過ごし、今は落ち着いて借りてきた名探偵コナンの映画を観ています。
コナンの映画にTHE BEATLES関連の軽い謎解きが出ていてなんか嬉しい気分。
「HELP!」、機会があればどっかで使ってみようか。使う機会なんてまずないとは思うけど。

コナンの前に笑っていいともを少し見ていたのですが、テレフォンショッキングのゲストはAKB48でした。自己紹介で終わるという何ともあっさりとした内容だったのですが、感想としては、うるさい。見る人により、その観点は全く違ってくると思いますが、これはあくまでも個人的な意見。夜勤明けにあの大勢の女の人の声は響きすぎる。

写真は、先日山形は遊佐町の隠れスポット、丸池様とそこに繋がる並木道。
下の写真は最近買ったCDラックとディスプレイボックス。
レコード収納に持ってこいで、更には目隠しにもなって使い勝手いいです。

さて、コナンも大詰め。アイリッシュは管理下だったなが。
[PR]
by tkfm510 | 2009-11-12 14:06
f0196733_1042384.jpg

f0196733_1042374.jpg

f0196733_104237.jpg

朝、実家の玄関から出ると生暖かい風が吹いている。
この日は第55回鶴岡市駅伝競争大会、湯田川チームで走る最後の市駅伝。

前日まで走る予定になくサポートに専念しようとばかり考えていたが、思わぬ区間のプレゼント。
練習でなかなかいい結果を出せず、アピール不足だった自分を使っていただけるなんて本当にありがたい。

チーム内の開会式での志気を高める挨拶は自分が抜擢。もちろん今年最後だから。とにかく感謝の気持ちと迷惑をかけないように走ることが伝わるように誓約をした。

去年もそうだったが、自分が走るまでの間は高校生ルーキーのサポート役につく。
アップから体操、流し、走り出すまでのメンタルサポートと水分補給。今年の高校生はすごい。そして、サポートについている4区の選手もなかなかの面子。
藤島の県縦断の高校生、羽黒のいかにもな外人、その他にも強豪ばかりが揃っている。
26チーム中、18位でタスキが渡る。
結果的にここで走った我がチームの高校生は、4.8kmを15分35秒、ラップが3分15秒。練習以上すぎる。

送り出してから他の人が走っているところを応援。
もちろん応援にも熱が入り、豪雨の中必死に声を荒げる。

そして、自分が走る10区は上郷〜田川の4.1km。
ライバルは大山。なぜならば、去年の大会まで一緒に走っていた先生との勝負。

雨降りの中藤島からタスキが渡っていく。7番目ぐらいで来ました、コーチ。
猛烈なラストスパートでタスキを受ける。
この気持ちを無駄にしてはいけないとスタートは予想以上にスピードが上がる。はじめの1km、3分36秒。今の実力からは早すぎる入り。その辺りで抜いていく第4区はスルー。1kmでスピードがある人は、力がある人か加減がわからない人。そう思い、第6区だけにくらいつく。
2kmをすぎた辺りで足の上がりが悪くなる。中間層が踏ん張り所だが、足が前に出せない。
朝日が後ろから追い掛けてくる。並走するも300mぐらいで力尽きる。残りの2.5kmも走れるのか不安になり、急にスピードを落としてしまう。
3kmで明らかにラップタイムが落ちたことを知り、徐々にスピードを上げる。最後の500mで大山が来て一度抜いていく。ここで抜かれてはたまるかと、もう一度抜き返す。少し離すが最後のラストは大山に負け、そこでタスキを渡す。

走りきったという気持ちがあるだけに悔いは残っていない。

湯田川チームは11位。
反省会での監督の話の中で、「1人1人がラップタイムを1秒縮めるだけで、10位になれた。その10位のチームも同じような条件で9位になれた。」と話した。

やはりチーム戦、個人の頑張りがチームの結果に繋がっていく。
このチームから離れても走り続けていきたい。
[PR]
by tkfm510 | 2009-11-11 10:42
結婚披露宴オープニングプロフィール


新郎新婦入場曲「Riddim Saunter/Sweet & Still」


2009.10.24、我々夫婦の結婚披露宴がありました。
当日は朝の4時に起きて、会場へ行き挙式衣装へと着替える。白無垢姿の奥さんは確かにきれいだが、少し怖い。日本古来の白無垢の幽霊をテレビで見ている影響もあるのか。前撮りで一度は見ているも、改めて見るとやはり怖いものだ。「わたぼうし」をかぶると怖さが増す。

f0196733_15193760.jpg


それはさておき、7時過ぎぐらいになると家族、親戚関係が集まる。従兄弟には久しぶりに会う人も居て、みんなそれぞれが変わっていてびっくり。
東京でナースやってる子は可愛くなってるし、その弟はDJもしているのだが、なかなかガッチリ男前になってるし、ツイストパーマが崩れてライオンみたいになってる二つ下の従兄弟に、甲子園経験ある従兄弟もすっかり仙台色。正月とかお盆にはたまに会うけども、この場で改めて会うとみんな嬉しい。

挙式は家族、親戚メインで行ったが、奥さんの大学友達も参加。ありがたい。

奥さんのお母さんの実家が寺で、たまたま曹洞宗と同じ宗派で、仏式で式を行う。
厳かな雰囲気のなか誓約書を読む。が、なんと、練習段階で読んでいたものと違い、振り仮名がなくタジタジ。
そして更に、指輪の交換時に指輪をはめ違えるというハプニング(奥さんに自分の指輪をはめる)。厳かな雰囲気は引き続きましたが、滑稽な一面となったことでしょう。

正午スタートの披露宴では、友達の余興の際に日本酒を一気飲みして、無事に新郎挨拶を乗り切れるか不安でしたが、なんとか無事に終了。しかし、暗記していた挨拶文は酔いと緊張で頭からすっとんで、結果、紙を読みながら。とにかく楽しい披露宴で、来てくれた方には本当に感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございました。

f0196733_1517331.jpg

f0196733_1518259.jpg


結婚披露宴 エンドロール

[PR]
by tkfm510 | 2009-11-05 15:22